05月≪ 2013年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.17 (Mon)

大腸が下がってる!!

 ゴールデンウィーク前のお話です
タケちんの体調があまりよくなくて
頭痛が続き、
くちびるが、2~3ヶ所割れてて、
首のリンパが小さく何個もボコボコ腫れて痛がります。
もちろん、こんな健康状態では、陸上の大会での成績もいいわけなく、
タイムも上がらないので、タケちんも私達夫婦も少し苛立ちを感じていました。


睡眠時間が足りないんだ
学校、習い事で忙しくて、疲れてるんだ
偏った食事をしているからだ
土、日が、ほとんど大会や試合で休む暇がないからだ

これらが、タケちんの健康を害してると思っていたので、
これらを、少しでも改善しようと試みていました。
そんな中、

 「腰が痛い」

と、言い出しました。
その言葉を聞いたとき、これはやはり専門の先生に診てもらった方がいいと思い、
同じ陸上部のご家族が通っている
スポーツをしている子供を中心に診ている「口コミで人気の整体師さん」
の話を思い出し、早速、予約を取りました。


どんな診察をするんだろう?
と、夫婦そろってじ~っと見つめてました。
部屋の中を歩かせたり、
廊下を走らせたり、
両手にオモリを持たせたり、
クルクルその場で回ってみたり、
ベットで全身を摩るようにマッサージしたり、
斜めの板に乗せてみたり・・・

こんなことして、何がわかるんだろ?
不思議でした。

 「大腸が下がってますね」

 「お菓子の食べすぎ。砂糖の取りすぎ」

すべての体調の悪い原因は、お菓子の食べすぎで、大腸が下がったからだったんです
腰痛も大腸が下がったためだって言うから、びっくりでした。
女子に多い症状ですよって。

タケちん、小さいころからひどい偏食で、今はだいぶマシにはなってきましたが、
何を食べて生きてるの?
って、よく他のママさん達から言われてました。
今でも好き嫌いが多いほうです。
でも、甘いお菓子は何でも何個でも大丈夫
お菓子がなきゃ生きていけないってくらいのお菓子好き


それから、右ふくらはぎが、ものすごく張って硬くなったら、
スポーツはお休みの印
ってことも教えてもらいました。

 「体全身、張ってるね~ 足なんかガチガチ こんなんでよく走ってたね~」


 「足が重くて、思うように走れなかったでしょう」

そう言えば、4月に学校であったスポーツテストの50メートル走。
いつもよりタイムがだいぶ遅かったので、本人もどうして速く走れないのかイライラしていました。

 「足が重くて、動かない」

それをクラスの友達何人かに言うと「いいわけだ」
と言われて、本当のことを言ってるのに・・・
と、悔しかったようで、家で泣き出したこともありました


スポーツの後&大腸を戻すマッサージを教えてもらいました。
このマッサージも人それぞれ違うらしいです。
今は、寝る前にできるだけ、マッサージをしてあげるようにしています。
スキンシップにもなるし


そして、何より「そうだったのか」と納得したことがありました。

 「長距離は、向いてないね」

 「このコの体の作りは、陸上なら、短距離が合ってるよ」

 「スイミングもサッカーもいいね」

コーチと相性が合わない時に出る症状が、体に表れていると言われました。
この言葉を聞いた時、正直ショックでした。
でも、いくらみんなと同じように練習しても、長距離のタイムがなかなか上がらなかったのも、タケちんの体の作り・・・生まれ持ったものが原因だったんだとわかり、ショックだったけど、気持ちがスッキリしました。
タケちんもハッキリ向いてないと言われて、ホッとしたみたいです。
長距離では、後から入部してきた年下のコ達に負けて、ものすごく悔しい思いをしていたから。
そして、私達夫婦も悔しかったです。


 「体のバランスを崩さず、スポーツを続けること」

コレが、何のスポーツをするにしても大事らしいです。
バランスを崩したままだと、成長にも悪いし、上達もしないらしいです。


タケちんは、体に合ってない「長距離選手の体の重心が後ろにある」状態になっていて、
この日、先生に元に戻す治療をしてもらいました。
30~40分の治療でしたが、子供は1000円と良心的です。
先生に診てもらったことで、ずっとモヤモヤしていたモノが親子で吹っ飛びました






帰りの車の中で、陸上どうしようかぁ・・・
と、親子で悩みました。
コーチは、長距離専門なんです。
陸上部となっていますが、練習は、長距離がメインです。
今は、サッカー、スイミングの大会で、土日の陸上の練習を前に比べたらあんまりできない状況です。
それが、ちょうどいいのかも。
冬のマラソン、駅伝の大会も出場するのを控えようかなぁ・・・
バランスを崩したら、本人が1番わかるみたいなので、
その時は、また先生に診てもらおうと思います。
陸上部は、タケちんにとって、居心地のいい場所になっています。
なので、しばらく様子を見て、また考えようと思います。


高学年の先輩と一緒に 



タケちんの不調の原因は「お菓子」
と、わかった今、
タケちんのオヤツ事情は、少しずつ変わってきています。
スナック菓子、キャラメル、グミ、チョコ、クッキー・・・のようなモノから
おにぎり、お芋、トウモロコシ、チーズ、小魚せんべい、野菜チップ・・・のような感じで。
ものすごいブーイングかなぁと思っていたら、
素直に何の文句も言わずに受け入れてます。
それでも、時々は、アイスやクリームパンのように甘いものを食べてます。
だって、何にも食べられないってストレスですよね。


お菓子を変えたから?
体の調子がよくなってきています
とってもとっても心配してたので、パパとホッとしているところです

スポンサーサイト

テーマ : 小学生ママの日記 - ジャンル : 育児

12:07  |  タケちん成長日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.12 (Wed)

母も慣れよう幼稚園生活

エイたんが、幼稚園に入園して、2ヶ月が過ぎました。
泣きながらのお別れの朝を想像していたけど、全くそんなことなく、
構えてたぶん、何だか気が抜けたスタートでした


幼稚園が始まって、1番の失敗は、
夏服への衣替え第1日目に、冬服で登園させたことです
言い訳をすると、衣替えの前の週、みずぼうそうで園を1週間お休みしてたから・・・
すっかり忘れてて

衣替え 
こんな夏服です。
ノースリーブって珍しいですよね。
袖は、あってほしかったかな・・・
 「ぼくだけ、違う服だったよ」
と、少し淋しそうに言われ、母は反省しました。

かたつむり時計 
かたつむりの腕時計を嬉しそうに見せてくれるエイたん。
大好きなおやつの時間、3時を針は指していました。
 「お耳の3、おやつの3」
と、初めて覚えた数字は、3です。

かたつむりの歌も大好きで、家でもよく歌っています
 「おまえって言ったら駄目だよね。でも、かたつむりの歌は、いいんだよね」
と、何度か私に確認するエイたん。
 「おまえって言ったら駄目でしょう
と、タケちんに注意しているのを聞いてるんですよね。


久しぶりの園生活。
小学校に慣れると、幼稚園が色々と細かすぎるように感じてしまう。
正直「面倒くさい

1番は、持ち物。

歯磨きは、6月からと思って、持たせていなかったら、
6月からスタートするのは、歯磨き粉を使っての歯磨きで、
4~5月は、コップと歯ブラシを持たせるってことだったり。

パンと牛乳の日は、ランチョンマットなどのセットは必要ないと思い込んでいたら、
必要だったり。

お手拭タオルって持ち物に書いてないから、ハンカチだけ持たせていたら、
両方持ってきてるよ~
と、エイたんから教えてもらったり。
これらも、母、反省

2番は、提出物。

新学期だからしょうがないんだけど、多すぎる。
名前を書き忘れたり、
健康だから、何も記入しないで提出したら、記入する欄があったり。
これらも、母、反省

3番は、メールの受け取りの登録。

これもしょうがないんだけど、よく確認しなかった私も悪いんだけど・・・
最初、園で流行っている伝染病などの状況をチェック、バスの位置がわかるバーコードリーダーを渡され、登録しました。
次に、他にも園からの連絡を受けるバーコードリーダーを渡されました。
遠足前日までには、登録するように言われていて、どうにか登録しました。
でも、
 「登録がまだのようです」

と、先生に言われ、確認するけど、登録されてるし・・・
わからないから、ドコモに行こうと思っていたら、
kayokomama*から
 「それ、防災メールだよ」

 「えっ・・・・」

びっくりでした。
園便りに「遠足前日までには登録するように」と書かれてあり、その横にあったバーコードリーダーこそ、
私が登録しなきゃいけないバーコードリーダーだと思ってたんですが
防災メールのバーコードリーダーだったんです
よかったら、こちらも登録してください・・・みたいな程度のバーコードリーダーだったんです
すごっくまぎらわしいですよね
間違いがわかり、登録して、先生からもOKをもらったのですが・・・
まだ、1度も受信してない。
これってまだおかしいのかも。
・・・ってな状況です。

4番は、微熱ですぐに電話が来る。

 「37度ちょうどです。お迎えにきてください」

その日、たまたまお休みだったパパにお迎えをお願いしたら、
ちゃっかり意見をバシッと言って帰ってきました。

 「37度ちょうどって、何回か測ったの?36度9分だったらいいわけ?」

みたいな感じで
エイたん、普段も平熱が高いし、走り回っただけで37度になったりするんですよ。
予防接種もいつも37度1分とか2分で受けてるし。
それを、きちんと後から私が先生に説明したんだけど・・・

1週間後、また、

 「37度3分です。お迎えに来てください」

お弁当がすすまず、ボぉーとしてます。
手も熱いので、今から熱が上がると思います。

ってことだったけど、
家で測ったら36度8分でした。
お弁当も食べなかったんだ・・・と心配してたら、ほとんど食べてた
お弁当食べてたら眠くなって、ボぉーとしてたみたい。
子供って眠たいと手が温かくなって、体もポカポカしてきますよね。
家に帰って、眠気が覚めたら、熱も下がって元気いっぱいでした。

そのことを連絡帳に書いて、体温が上がりやすいので、元気だったらしばらく様子を見てもらえませんか?
熱も間隔をあけて、測ってもらえないでしょうか?
と再度お願いしました。


この他、水いぼでプールに入るわけでもないのに、欠席するように言われたり、
月曜日に「しらみ」の検査があったり、
インフルエンザ2名+まだインフルとは断定できてない熱のある子2名で2日間のクラス閉鎖をしたり、
ものすごく病気に敏感すぎる



こんな感じです。
タケちんのときもこんなんだったかな?
4年ぶりの園生活。
幼稚園事情も変わってきてるのかな?
pm2.5の影響もあってなのか?
あんまり外遊びもないし。

と、エイたんの通っている園を悪く思う自分がいたりします。
でも、いろいろ悩んで決めたんだから、
どの園もパーフェクトってとこないんだから、
これからは、いい点に目を向けて、園を好きになれたらなぁと思っているところです




テーマ : 幼稚園 - ジャンル : 育児

12:38  |  幼稚園(エイたん)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.10 (Mon)

小学校の役員決め

ずっと更新お休みしてました
新学期が始まって、毎日バタバタしてました
それも、やっと落ち着きました。

そこで、今日は・・・4月末のお話。ちょっと古いけど



4月26日(金)
新学期になって初めての授業参観がありました。
その参観後、ドキドキの役員選出があったのです


タケちんの小学校は、小さいです。
なので、必ず1回は役員をするハメになります。
4年生になると、クラスの半分のママたちは、もう役員終了組。
そして、これからってママ達が半分です。
私は「これから組」でした。


4年生になり、クラスが決まると
「役員に立候補しませんか?」ってプリントを持って帰って来ました。
どうしようか真剣に考えました


まず、今年度、子ども会の「連絡委員」と言う仕事を引き受けました。
そして、ココではまだお知らせしていなかったのですが、
タケちんは、今年の2月からサッカー少年団に入部して、
コレが想像していた以上にいろいろと大変で
他の習い事、陸上・水泳部も続けているので、送り迎えや土日の大会・試合にあたふたしてる状態なんです


テキパキ仕事をこなす器用な人ならよかったんですが・・・全く違うし
こんな私が、こんな状態で、学校の役員のお仕事ができるのかっ
でも、そろそろ立候補しなきゃ、最後の年、6年生まで残ったら、
大変な部類の役員の仕事を引き受ける可能性も大だし・・・


ん・・・・
どうしよう・・・
しばらくプリントを眺めてました。
そして、1番 楽だよ~
と、うわさの役員にとりあえず、立候補してみようと決めました。


タケちんに立候補の用紙を渡して、学校へ提出した後も、
実は、じめじめと悩んでました。
もし、もし、楽だよ~の役員に運よくなれたとしても、
その後の委員長選出の「くじ」で、ハズレの委員長をひいたら
楽なはずだった役員の仕事も、頻繁に学校へ通うようなレベルのものになってしまう


ん・・・
どうしよう・・・
でも、来年は、サッカーの役員を「あみだくじ」で決めるから、そうなったら、それはそれは忙しくなるし、
6年生は、陸上の役員年って決まってるし、
やっぱり今年しかない


でも・・・
今年は、エイたんの幼稚園も始まったし、親子で園生活に慣れなきゃいけないし、
タケちんもサッカーを始めたばっかりで、親子でチームに慣れてないし、
スイミングも4月から大会デビューしたばっかりで、チームに慣れてないし、
子ども会の連絡委員の仕事も初めてだし、
新しくスタートすることだらけで、大変だよなぁ・・・


みたいな感じで、うじうじしてました。
そうしてるうちに、役員選出の日がやってきたわけです。


この日、実は、授業参観中もずっとドキドキしてました
授業が終わって、先生の連絡事項を聞いているときも、頭はその後の役員選出のことを考えていました。
そして、とうとう選出が始まりました
ちょっと大変かな~
と、言われてる2つの役員に立候補していた素敵なママさんは、ちょうど2人いて、すぐに決まりました。
楽なんじゃないかな~
と、言われてる2つの役員に立候補していたのは、私を含めて4人いました。
こうなると「じゃんけん」で決めることになっています。
きっと、こうなるだろうと予想していた私は、じゃんけんで「グー・チョキ・パー」の何を出そうか、
実は、この日1日ずっと悩んでたんです


ある子供向けのテレビ番組で、実験の結果、人間は緊張すると「パー」を出す傾向にある。
なので、勝ちたいときは「チョキ」を出そうって言ってたんです。
そして、私は、この日1日、
役員になりたい?
勝ちたい?
勝つなら出す?
今年はやめとく?
負けたい?
負けるなら出す?
と、これをずっと自分自身に問いかけてたんです


なんと、じゃんけんをする直前まで、悩んでたんです。
どれだけ、優柔不断なん
って感じですね
そして、こう思いました。
もし、もし、実験の結果「は負ける」ので勝ったら、
それは、私に今年役員をしなさいって天からの使命が下されたんだと思って、頑張って役員の仕事をしよう。
もし、本当に負けたら、今年はやめときなさいってことだったんだと思うことにしようって。
こうして、やっと、を出すことを本当の本当のじゃんけん直前に決めることができました。

結果は・・・
どうだったと思いますか?






が2人。
が2人。
で、の負け。
私は、負けました。
負けて、どう思ったかは、びっくりするほど、ホッとしてました。



・・・と言うわけで、緊張する場面で、を出す傾向にあるって言うのは、
正しいのかもしれません。
でも、この話をasukamama*にしたら、
「ある番組では、大きな声でじゃんけんぽんと言ったら、人はを出すらしいから、を出すと勝つって言ってたよ」

とのこと
じゃんけんも色々ありますね~
皆さんは、絶対に勝ちたい場面では、これを出すって決めてますか?


こんな具合で、ぐちぐち悩んでましたが、結果、役員は5・6年ですることになりましたとさっ

テーマ : 小学生ママの日記 - ジャンル : 育児

18:02  |  小学校  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。